エステ業界であると就職や開業に有利な資格とは

美意識が高い人が増えている昨今では、男女問わず美を追求する人が増えています。中でも、エステ業界は人気の職業です。



エステ業界で働くためには、国家資格は必要ありませんがお客様からの信頼度を高めるためにもいくつかの資格を持っておくと良いでしょう。



代表的な民間資格があると自分で起業する際やエステサロンへの就職の際に有利になるので取っておくと役に立ちます。



日本で使える民間資格で代表的な団体が、日本エステティック協会と日本エステティック業協会の2つです。その中で最高峰の民間資格が認定トータルエステティックアドバイザー(TEA)という資格です。



こちらを取得しておくと指導者的で講師や美容アドバイザーなどのお仕事をすることも可能です。そして、認知度がとても高いのでエステティシャンとしての信頼度も高く集客にも影響します。



エステ業界で上を目指すならいつかは取得したい資格ですが受験資格もあり難しいですが逆に取得する事で資格が要らないエステ業界で実力を示すことが出来るので大変有利になりますのでおすすめです。